×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロミス 申し込み

プロミスを申し込んでお金を借りました

プロミス申し込み

 

先日、カードローンのプロミスを申し込みして借りたお金で、念願の買い物ができて、今はとてもハッピーな気分なんです。
お金を借りる申し込みだから書類とかはんことか大変かな?って想像していたのですが、プロミスの申し込みはとても簡単で驚いてしまいました。

 

私の経験をまとめましたので、カードローンでお金を借りたい人は、参考にしてくださいね。

 

 

私は大阪市内の会社でOLをしています。
まだまだ結婚は考えていなくて、週末はレジャーとショッピングに忙しく過ごしています。

 

ある時、ふと入った有名ブランドのお店で見つけたのが以前から欲しくてたまらなかったバッグ。

 

ファッション雑誌で見て以来ずっと探していたのですが見つからず、問い合わせてみたら日本では入荷の予定が無いって言われていたんです。個人輸入を考えましたが、英語できないし騙される不安が強かったからあきらめていました。

 

そのバッグが目の前におかれていたんですよ!

 

店員さんに確認すると、お得意さんから「どうしても欲しい」と言われ個人輸入の形で仕入れたそうです。どうせ仕入れるなら1個ではなくて2個という事になり、その1個がこのバッグなんだそうです。

 

これは買うしかないと即決しましたが、個人輸入の関係で現金払いしかダメと言われました。

 

ちょうど別の大きな買い物を済ましたところで持ち合わせはないし、銀行口座も普通預金には余裕がありません。お店に取り置きをお願いしましたが、3日間ならOKでお給料日までは待って貰えませんでした。

 

その日の夜に母親に借金をお願いしてみましたが、母も余裕がなく、バッグの購入に貸せるお金は無いってつれない返事。
私のクレジットカードは借り入れ機能は付いていないので、カードローンを申し込む事にしたんです。カードローンはテレビCMで好感度の高かったプロミスを申し込む事にしました。確認したらWeb契約なら充分に3日間で申し込みを完了してバッグを買えそうでした。

 

ネットなら24時間の申し込みが可能なので、夜の内に必要事項を入力。翌日の午前中に必要書類を揃えて、スマホで写真を撮ってアプリでプロミスに提出しました。2時間程度で審査が完了の連絡があり、無事に私の銀行口座にお金が振り込まれてきました。めっちゃ早いです。

 

ATMでお金を引き出して、お店に駆け込み、念願のバッグをゲットしました!

 

借りたお金は次のお給料日に全額返済をしました。今回は初めてのプロミスの申し込みでしたので、無利息でお金を借りる事ができて、めちゃくちゃラッキーでしたね。

 

親や友達からお金を借りると気も使いますし返すときには何かプレゼントというかお礼の気持ちを表す必要がありますが、カードローンならそんな気遣いは不要で気持ち良く貸し借りが可能です。

 

プロミスの申し込みはとても簡単だし、ネットを使えばすごくスピーディー。
簡単、早い、便利って三拍子揃っているのがプロミスのサービスだと思います。

 

 

 

> プロミス申し込みの詳細はこちらからどうぞ <

 

プロミスについて

プロミスは大手銀行の関連会社が日本国内のコンシューマ向け金融サービスとして行っているサービス名です。

 

その前身は1962年に大阪で設立された「関西金融株式会社」です。この会社は1963年には「関西プロミス株式会社」と社名変更され、ここに「プロミス」という名称が生まれました。

 

その後、関西以外の地域への進出を行い、1980年には日本の全都道府県での金融サービスを行う会社となりました。

 

早くから業務のコンピュータ化に取り組み、ATMや自動与信システムなども早期に導入されています。最近では自動契約コーナーへの公衆無線LANサービスの導入も行われました。

 

著名なタレントを起用したテレビCMを積極的に行い、コンシューマ向けの金融サービスで大手企業となっています。

 

産経新聞で「約束【プロミス】エッセー大賞」という「現代社会における人間関係の大切さや、人生を改めて見つめ直し、約束の大切さを再認識すること」を基本コンセプトにした大賞がありますが、プロミスはこの大賞の協賛スポンサーとなっています。